等級認定表

交通事故の後遺症の等級認定表による認定と弁護士基準

交通事故に遭って怪我を負い、長い間病院に通院や入院をしなければならなかったり、後遺症が残ってしまったりしたときに、通院や入院するときにかかる治療費や入院費以外に、慰謝料を加害者に請求することができます。

加害者が被害者に支払う損害賠償金の中に慰謝料は含まれていて、事故で受けた怪我による精神的な苦痛を賠償するものになります。
交通事故で発生する慰謝料には、入通院慰謝料や後遺障害慰謝料などがあります。

入通院慰謝料は、交通事故が原因で負ってしまった怪我の治療をするのに通院したり入院したりする必要が生じたときに、通院や入院することにより被害者が負う精神的な苦痛を賠償する慰謝料の事です。

後遺障害慰謝料は、交通事故の怪我により残った後遺症の症状が等級認定表と照らし合わせて認定されると支払われます。
等級認定表による後遺症の等級認定は比較的順調に認められます。

しかし近頃は等級認定表の中で一番軽い十四級については後遺障害の認定がされにくくなっています。
後遺障害として認定されない場合と十四級に認定された場合では慰謝料に百万円以上の違いが生じます。

入通院慰謝料と後遺障害慰謝料については精神的な苦痛という曖昧なものを賠償することになるので、本来であれば交通事故の被害者本人がどの位精神的に苦痛を生じたのかを一人一人推し量る必要があります。
しかし、被害者一人一人の精神的苦痛を推し量るのは不可能なので、慰謝料を算定するための基準が定められています。
慰謝料を算定するための基準には自賠責保険基準と任意保険基準、弁護士基準の三種類の基準があります。

自賠責基準は、自賠責保険が定めている基準になります。

加害者が自賠責保険以外に任意で自動車保険に加入していた場合には、損害賠償額は加害者が加入している自動車保険会社が提示する事になります。
この自動車保険会社が損害賠償額を割り出すために使う基準が任意保険基準になります。

弁護士基準は、裁判所の思想や判決事例を参考にして東京三弁護士会交通事故処理委員会が作成して公表しています。
この弁護士基準はたくさんの裁判所で使われています。

通称赤本の基準といわれる民事交通事故訴訟の損害賠償額算定基準と、通称青本の基準といわれる交通事故損害額算定基準を使って交通事故の損害賠償金を割り出します。
東京地裁交通部の見解は、民事交通事故訴訟の損害賠償額算定基準に反映されているために、裁判以外の場所でも青本の基準より赤本の基準の方が実務的な基準として使われています。”